中華街名物を再び♪

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

先日、久しぶりに「皮付き」豚バラ肉ブロックの焼き物「シューヨ」を作りました。
(正式名 脆皮焼肉 ツイピーシューヨ)

横浜中華街で、ガラスケースの中にチャーシューや北京ダック、腸詰めなどがぶら下がっているのをご覧になったことがあるかたも多いと思います。
その中に、この焼き物もよくぶら下がっています。

横浜中華街 公式HPより

今回は、2本作ったのですがかなり上達した感じです!

手作りベーコンと全く同じ作り方で、「チップを入れないで」40分火にかけます。
スモーカーを窯として使うのです。今回のブロックは大ぶりなので、キャメロンズのスモーカー(大)を使用。

皮付きは皮がとても固いので、最後は鉄鍋で皮の部分をじっくり弱火でカリカリに仕上げるのです。ミートプレスを乗せて、皮をしっかりスキレットに密着させるのがポイント。
徐々にずらして全体をカリッ!サクッ!と仕上げます。今回は肉が大きかったので、スキレットはLODGE 12インチを使用。



前回よりもぐーんと美味しくなったのは、ポイントがふたつ!

【その1】
塩と胡椒に、プラスで五香粉(ウーシャンフェン)を使用。中国のポピュラーなミックススパイスです。これでより本格派の風味になりました!(適量で!ほんのり香る程度で)

【その2】
前回は、皮をじっくり焼くのに時間がかかりすぎたのと、仕上がりがやや堅かったので、皮の表面に細かな穴をたくさん開けて火の通りを良くして、さらにかりっと軽い歯触りを目指しました。
フォークでやってみたら、皮の薄いところは何とか刺さるんですが、厚いところはまったく歯が立たず!
なので、3本爪のアイスピックでブスブスと刺しました。
(店頭限定販売 880円)

今回は最高に美味しく出来ましたよー!


ピーナツを乗せて食べても美味しいんです。

以前作った際にBLOGに記事をアップしているので、詳細な作り方はこちらをどうぞ。

手作りベーコンを日常的に作っている方なら、美味しく出来ます。ぜひお試しを~。