鰹節削り器の面直し

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

20年ほど前に購入した鰹節削り器を毎朝愛用しています。

宮下誠さんの一本釣り本枯鰹節 を販売するようになってからは、味噌汁のだしはもちろん、冷や奴やおひたし、はたまた ねこまんま 等にガンガン削るようになりました(笑)

ちょっと力を入れすぎているのか(?)、鉋台の切込口がすこし削れてきてしまいました。


気にせず使っていたらちょっと大きくなってきたので、面直しをしてもらうことにしました。


面直しとは、鉋の刃を抜いてから、鉋台に鉋をかけて面をフラットに修正してもらうことです。

素人には難しいので、専門のプロにお願いします。

当店で絶賛販売中の「台屋さんの鰹節削り器」は、刃砥ぎ、面直し、そして宅配便の返送料込みで1,500円というお手頃価格でメンテナンスしてくれるので、まさに一生(否、世代を超えて受け継げます)の道具です。

この台屋さん、なんと他社製品のカンナのメンテもやってくれるんですよ。
(他社製品の場合は価格は異なります)
ありがたやー!!

ということで、本日台屋さんに発送しました。
御手数をお掛けしますが宜しくお願い致します。

※ その後、こんな風に面直しが完了しました!! → こちら

■台屋・青紙鋼 鰹節削り器(ウォールナット・茶)→ こちら
14,000円(税込15,120円)

■台屋・青紙鋼 鰹節削り器(ブナ・白)→ こちら
12,000円(税込12,960円)

■台屋・鰹節(かつお節)削り器【SK鋼×ブナ】→ こちら
8,000円(消費税込:8,640円)

■台屋・鰹節(かつお節)削り器【SK鋼×ウォールナット】→ こちら
10,000円(消費税込:10,800円)