鰹節削り器の面直し、その後。

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

先日、鰹節削り器のカンナ台の面直しについて投稿しました。 → こちら

修理前。刃の上部開口部が削れて、だんだん大きくなってきた状態。

面直しを台屋さんにお願いしていましたが、早速戻ってきました。

おぉー、開口部がキレイになって全体もスベスベです!!

修理に出している間、刃は自分で砥石でバッチリ研いだので、それはそれは何とも気持ちいい切れ味が復活しました。

こうやって長い人生のうちに何度も面直しをすることを考えると、カンナ台は厚みがあった方がいいですね。

人気の台屋・鰹節削り器で、カンナ台に厚みがあり、刃に高級和包丁で使用される青紙鋼を使用したタイプがオススメです。

■ 台屋 鰹節削り器(青紙鋼 × ブナ)12,000円(税込12,960円)

こちら


■ 台屋 鰹節削り器(青紙鋼 × ウォールナット)12,000円(税込12,960円)

こちら


台屋の鰹節削り器 その他のタイプは
 こちら