スペインの「かつお節」?!

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

先日ご紹介した、スペイン風の「ジャガイモとタコの炒め」。

あまりに美味しかったので、また作っちゃいました。

今回は若干アレンジ。基本の作り方は前回と同じですが、ジャガイモを

蒸し焼きする際にローズマリーを入れて香りをつけました。

今回はプロロジック8インチスキレット(廃番品)& 蓋を使用。

そして今回は、サンセバスチャンで購入した秘密兵器「PIMENTON」を使用しました!

これは、パプリカ(辛くない、甘長唐辛子のイメージ)をスモークし、
それを細かいパウダー状にした調味料。見た目はチリパウダーみたいです。

辛いタイプもありますが、買ったのは辛くないタイプ。
サンセバスチャンのバルで見るピンチョス(タパス)には、
風味付けと彩りを
兼ねて、パラッと振りかけてあるモノもいろいろありました。

サンセバスチャン屈指の人気店GANDARIASのタコとホワイトクリームのピンチョス。PIMENTONが仕上げに振りかけられてました。

このPIMENTON、スモークだからでしょうが、鰹節に似た風味があるんですよ。
鰹節の粉みたいな雰囲気(笑)。だから、使う量も加減しないとスモーク味がキツくなるので
隠し味的に使うといいですね。

でも、適量をつかうと本当に美味しくなります!!

スモークパプリカパウダー PIMENTON

日本でもネットで購入できるので、「スモークパプリカパウダー」「PIMENTON」で
検索してみて下さい。

ぐっと奥行きのある本場の味になりますから♪