サイコロステーキを上手に焼くなら。

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

サイコロステーキってワンランク下に思われるイメージですが、上手に焼けばどうしてどうして、赤ワインのお供にも最高ですよ。
(あ、端材肉を寄せ集めて圧着した成形肉じゃなくてね!)

牛肉のサイコロステーキをプロアルテ・グリルパンで焼く。

お馴染みのプロアルテ・グリルパンと、ミートプレスのゴールデンコンビで焼きます。
私はいつものように「塩のみ」。特に美味しい肉のときは胡椒は振りません。

牛肉のサイコロステーキをプロアルテ・グリルパンで焼く際には、このミートプレスを乗せる。

サイコロステーキって意外と焼くのが難しく、肉自体が小さいのでウエルダンになりやすいのですが、このミートプレスを使えば表面に一気に焼き目をつけられるので焼きすぎることなく上手に焼けます。

牛肉のサイコロステーキをプロアルテ・グリルパンで焼けばこの焼き目。

グリルパンの焼き目をしっかりつけたくても、肉の自重がなく軽いのでそのまま焼いても焼き目がきれいに付きません。
ミートプレスを使えばこの通りです。

焼きすぎることもなくちゃんとした「ステーキ」に!絶妙な火入れになりました。

ちゃんと「ステーキ」の焼き上がりに♪
いやー、美味しいなー。

VIVA! 鉄鍋クッキング!