これはウマイ!豚スペアリブの塩焼き

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

以前、blogやこちらのメルマガでもご紹介した、グリルパンで焼く「手羽中の塩焼き」。


※詳細は こちら

多くのお客さまより、実際にやってみて最高に美味しい!!というご感想を多数頂いたので、次のバージョンをご紹介します。

次は豚スペアリブの塩焼き!!最近、多くの量販店で手に入るようになったので、ぜひコレもやって下さい。手羽中の塩焼きに勝るとも劣らない旨さですから~♪

手羽中に比べて大きくて、骨の裏側は若干火が入りづらいので、常温に戻してから焼いて下さい。このミートサーモプレートがあれば、常温に戻す時間がグッと短くなりますよ!
※ 詳しくは こちら

骨の部分にうっすらとオリーブオイルを塗ってから、全体にしっかりと塩を振った豚スペアリブを、お馴染みのプロアルテグリルパンで焼きます。ガッツリと予熱してからが鉄則。
※ プロアルテグリルパン 詳細はこちら

そしてその上に肉焼きのマストアイテム「ミートプレス」。不動のゴールデンコンビです。
※ ミートプレス 詳細こちら

骨側も含め、4つの面をミートプレスを乗せながら焼き上げます。

たまりません!!

COOK & DINE HAYAMAオリジナル、チーク材の溝付きカッティングボード。アイアンハンドル付き。鋭意制作中!

骨側にオイルを塗っておくと、キレイに色目もついて、骨に付いたこの薄皮も美味しいんです。
塗らないと骨が白っぽくパサついて残念なビジュアルに。

絶妙なロゼに焼き上がりました。言葉になりません。
手羽中同様、コショウは振らずにぜひ塩だけで焼いて下さい。

これもぜひ「我が家の定番肉料理」に加えて下さい。
というか、絶対そうなると思いますが(笑)。

VIVA! 鉄鍋クッキング!