400gの豚ロース肉の塩焼き。

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

南部鉄器のプロアルテグリルパン(大)と、ミートプレスというイチオシの組合せなら、400gの豚ロースも楽勝で焼き上げることが出来ます。

どうです、このぶ厚さ(笑)。

焼くと縮んで硬くなるので、平型肉タタキで肉をバシバシ叩いて少し延ばします。
詳しくは こちら

これだけの大きさの肉を焼くなら、ある程度常温に戻さないと中が生焼けになりやすいのですが、【COOK & DINE HAYAMAオリジナル】ミートサーモプレートに乗せれば、熱伝導性に優れたアルミプレートが肉の冷気を一気に奪ってくれるので常温に戻る時間がグッと短くなります。 詳しくは → こちら

全体にしっかりきつめに塩を振り、脂身の面から焼きます。
しっかり脂を落とせばこの部分もとても美味しくなりますからね!

「肉焼きのマストアイテム」の ミートプレス をON。

キレイな焼き目がつくばかりでなく、表面がカリカリ、クリスピーな食感に!

スグに切ってかぶりつきつきたいところですが、焼きたてを切ると肉汁が流れてしまうので5分ほど放置してからカット。こうすると肉汁が落ち着いて内部にとどまります。

焼き面のカリカリ感と程よい塩加減、そして内側のしっとりジューシーな味わいと食感のコントラストが最高です。

VIVA! 鉄鍋クッキング!