イサキのムニエル

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

先日、地物の立派なサイズのイサキが手に入ったのでムニエルに。
刺身もいいけど、最高の鮮度の魚に火を入れるのはとても贅沢な愉しみ方です。

25cm程度のイサキですが、小出刃で十分です。今回はタダフサの小出刃105mmを使用。
先日研いだばかりなのでバッチリ切れます。気持ちいい~!

3枚に下ろして、腹骨と血合い骨を骨抜きで抜きます。
GLOBAの骨抜きは骨抜きとしては高価ですが、これ以上に使いやすい骨抜きを私は知りません。
幅が広くて、骨を掴む部分がフラットなので骨が切れづらく、まとめて3本ぐらい一緒に抜けます。
魚を良く捌く方なら、骨がキレイに抜けないストレスはよくご存じかと。
超オススメです。

皮が丸まらないように皮に切れ目を入れるのですが、この方向です。
普通に垂直に入れると丸まります。

塩、胡椒を振ってから小麦粉をつけて余計な粉を落とし、バターで焼きます。

今回は【COOK & DINE HAYAMA】オリジナルの鉄フライパンAOM(アオム)26cmを使用。大ぶりのバター一かけ入れて、溶けて来たらイサキを投入。

この時点で既に焦がしバターのソソる香りがキッチンに充満します♪

丸まらないように皮に切れ目を入れましたが、さらにこのミートプレスを使えば、皮面全体がクリスピーで焼き目も均等につくのでぜひ使って下さい。
魚のソテーにもマストアイテムなのがこのミートプレスです。

こんな感じ!!皮の美味しさ、皮と身の間の脂にもしっかり火が入るので食感も最高です。
皮目でなく、身の方を焼くときは、ミートプレスを使わない方がふっくら仕上がりますよ。

仕上げにエルブドプロバンスを少々で完成。
我ながら大変良く出来ました~♪ まじウマすぎる。

さらに仕上げに、アルベルトさんのEXVオリーブオイル&レモン。
イタリア・シチリア産の有機レモン&有機オリーブを一緒に搾ったもの。

普通のEXVオリーブオイルかけて、そのあとレモンかければ同じじゃん!!
と思うかもしれませんが、これがまた全然別物なんですねー。
オリーブオイルとレモンの風味が渾然一体となって、しかもレモンの香りはとても優しく上品なんです。

このクオリティと美味しさで250ml 1,500円(税込1,620円)はお値打ちです。
ぜひ一度お試し下さい。(現在は店頭販売のみ)