松坂牛スネ肉でステーキ?!

2017-04-09

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

【鉄鍋楽チンCooking】
鉄鍋で作る超簡単クッキングをご紹介します。
---------------------------------------------------------------
★ 松坂牛スネ肉のグリルパンステーキ ★
---------------------------------------------------------------
3/26に、牛の煮込み用バラブロックをグリルパンでステーキとして焼いてみたら美味しかった!
とご紹介しました。(→こちら

意外と、世間の常識とされる調理法じゃなくても、美味しく頂けるのが良くわかりました♪

で、今度は牛すね肉。これも再びグリルパンで焼いてみようと(笑)。
煮込まなければとても硬くて食べられないのでは・・・というイメージですよね。

松阪牛(A-5)のすね肉。150グラムぐらいだったかな。これが500円。
煮込で考えたらそれなりの数量が必要だが、ステーキとして1個500円で小ぶりの
松阪牛ステーキが愉しめたなら破格です(^o^)

 
見るからに全然硬そうではない!ステーキ肉っぽい。
スジは端っこにちょっと付いているだけだった。
A-5といってもすね肉なので、びっしりとサシが入っているわけでもなく、いい感じです。


お馴染みのプロアルテ・グリルパン(大)をしっかり予熱してから、塩のみを振ったすね肉を乗せる。


もちろん、肉焼きのマストアイテム「ミートプレス」は欠かせません。
焼き目が綺麗に付くだけでなく、肉が反ったり浮いたりしないので均等な火の入りになるのです♪


※ このビジュアルはミートプレスならでは(笑)


焼き上がり早々に切ると肉汁が溢れるので、ちょっと置いて冷ませてからカット♪


いやー、旨かったです。すね肉なので独特の歯ごたえはありますが全然硬くない!
コレはアリです。

今回のすね肉はスジがほとんど無かったのですが、多少あってもその部分だけ食べなければ
十分愉しめますよ、スネ!
買う際になるべくスジが少ないところを選んで、ぜひお試し下さい。

         Viva! 鉄鍋Cooking!

<使用器具>
・ プロアルテグリルパン→ 詳細は こちら

・ ミートプレス → 詳細は こちら