ポンドステーキ! with TURK

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

ポンドステーキ(1ポンド=453g)のステーキを焼こう!

オージービーフのサーロイン。グラスフェッド(牧草肥育)なので
サシはほとんどなく、赤身のステーキです。

この大きさだと、LODGEスキレット&カバーで蒸し焼きにして焼くのが、もっとも
失敗の少ない方法ですが、フタ無しの厚い鉄板でも美味しく焼けます。

今回は、ドイツ製鍛造フライパン TURK(ターク)26cm をチョイス。

事前にしっかり常温に戻すのは鉄則ですが、これだけのサイズの肉を常温に
戻すなら、ミートサーモプレートがやはり便利です。
この厚みをフタをしないで焼くので、しっかり常温に戻すのは成功のポイント。


しっかり予熱したTURKにオリーブオイルを敷き、肉を投入。
全体にまんべんなく焼き目をキレイに入れたいので、肉焼きのマストアイテム・
ミートプレスも使用。
これにより、ムラ無く均等に火が入ります。

1ポンドステーキは分厚いので、トングで肉を挟んでサイド面もしっかりと
焼きます。特に脂身の部分はしっかり焼き目がつくまで焼きます。
そうすると、嫌みもなく美味しく脂身が食べられます。

厚みがあるので自立しちゃいます!

焼き上がったら、溝つきカッティングボードに乗せて10分ほど休ませます。
焼きたてアツアツを切ると、せっかくの肉汁が流れ出てしまい美味しさが半減
してしまいます。

スグにかぶりつきたいところをグッと我慢です♪


1ポンドの分厚いステーキも、上記のポイントを押さえればフタ無しでも
上手に焼けます。薄い鉄板だと焦げやすいので難しいですね。

このポンドステーキを、グリルパンでも焼いてみましたよ!→ こちら

VIVA! 鉄鍋クッキング!