塩さば&いかの塩辛

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

冬は気温が低くて乾燥しており、ひもの作りには最適です。



まるまる太った真さばが手に入ったので、半身分を干物(塩さば)に。
2枚に卸して骨のついていない方を使用。私の定番のやり方で、うっすら
全体にナンプラーを塗ってから、しっかりと振り塩。
これで丸一日干せば、抜群に旨い塩さばができます。

万能干しカゴに入れて、軒下に吊しておくだけなので本当にカンタンで、
とにかく美味!刺身で食べられる鮮度の魚を干物にした美味しさを
ぜひ一度体験してみて下さい。

そのまま塩焼きにするか、スモークにするか悩ましい・・・。

そして一緒にいかも干してますが、実はこれは塩辛用です!
そのまま使うよりも、水っぽくならずに旨みもアップ、さらに
ねっとりした食感が生まれます♪ 一日干せば十分。
コレをラップして冷蔵庫へ。

イカのわたはたっぷり塩を振って冷蔵庫で2~3日寝かせます。
それで臭みを取るのと同時に余計な水分を抜きます。

そしていかの身としごきだしたわたを和え、塩を加えて2日ほど
寝かせれば身とわたが馴染んで美味しくなります。
私はこれにゆず胡椒も入れます。これがまた旨いんです!

あぁ、楽しみ~!!