きのこにも!ミートプレスでした。

こんにちは。鉄鍋伝道師の山口です。(^o^)v

我家の定番 骨付き豚肩ロース(トマホーク)のステーキ。
いつもはこんなふうにプロアルテ・グリルパンでシンプルに塩だけで焼くことが多いのですが、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



たまに違った味が欲しくなるので今回はバター醤油風味に。
鉄鍋はドイツ製TURK(ターク) 26cmをチョイス。
(26cmは現在在庫僅少に付き、店頭販売のみ)

塩を振ったトマホークステーキをミートプレスを合わせて焼き上げます。

おなじみ、肉焼きのマストアイテムです。

焼き上がったら鍋から取り出します。


次に裂いたエリンギ、そして舞茸を入れます。塩、コショウを軽く振って味付け。
肉を焼いたときの脂を吸わせながら焼くイメージ。


きのこが軽くて鍋肌にフワッとしか触れていないので火が通りづらい。
なのでここでもミートプレス。ジューッといい音がします。そして一気に火が入ります。
魚にもミートプレスなのですが、きのこにもミートプレスです!

火が通ったきのこを取り出し、火力はとろ火にしてバターと醤油を入れて、極々かる~く煮詰めます。
そこに焼いた肉ときのこを戻し入れてバター醤油味を絡ませて出来上がり。

たまにアクセントでこのように味を変えて楽しんでます!

VIVA!鉄鍋クッキング!