60年モノの鉄フライパン

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

本日ご来店頂いたお客さまは、60年愛用している鉄フライパンがいよいよハンドルにガタがきて
買い替えたいとのこと!!

こちらが60年モノの鉄フライパン。60年ですよ。スゴいですね-。

恐らく板厚は1.2mm。かなり薄手なので底面がボコボコになってます。

 

ハンドルの付け根が腐食してグラグラになり、旦那様にビスで補強してもらい使い続けてきたそうなのですが、それでも限界となってしまったようです。

 

うーん、鉄鍋愛を感じますね~(笑)。でも捨てるのは忍びないので、このハンドルを外して、両手鍋タイプのハンドルをご近所の金属加工屋さんにお願いするとのことです。そりゃそーです、60年を共にした道具ですからね。

これが鉄鍋なんです。美味しくて、体に良くて、しかもこんなにも長く使える、一生を共にする道具。

それでもまだ、使い捨てのフッ素樹脂フライパンを使い続けますか。


この60年ものの鍋とサイズも重さも近い、【COOK & DINE HAYAMAオリジナル】鉄フライパンAOM(アオム)・プチ炒め鍋24cmをお買い上げ頂きました!こちらも末永くご愛用くださいませ。
※ 詳しくは こちら


誠にありがとうございました!

VIVA! 鉄鍋クッキング!