肉好きの必読書。

こんにちは。鉄鍋伝道師 山口です。(^_^)v

食べることが好きな人にはおなじみのこちらのブログ。
友人の山本謙治氏(通称やまけん)の「やまけんの出張食い倒れ日記」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/

この度やまけんが新しい本を出版しました。


肉好きなら、絶対に知っておきたい知識が満載です。

-----------------------------------------------------------------------------------

おいしい肉と、出会うには?
牛肉の真実、あなたはいくつ知っていますか?

いま、日本に空前の牛肉ブームが訪れている。にもかかわらず、私たち日本人は牛肉のことをあまりに識らなすぎる。

例えば、皆さんがふだん食べている牛肉は、なんという牛の品種かご存じだろうか? 「松阪牛」や「飛騨牛」といった、いわゆるブランド名ではなくて、「和牛」や「国産牛」としてパッケージに入っている牛肉の品種のことだ。
また、「神戸牛」や「米沢牛」などブランド和牛の名前はよく耳にしていても、では「そのブランド牛の特徴は?」と聞かれた途端に、困る人も多いのではないだろうか?

牛肉の「美味しさ」についてはどうだろう? 焼き肉店に行けば、「A5の和牛」「最上級の黒毛和牛」というようなキャッチフレーズで、高級な肉が提供される。A5という評価を獲得した牛肉は、文句なしに美味しいものと思っている人も多い。

しかし実際には、A5という規格は美味しさを保証するものではない。牛肉を専門とする流通業者は、「自分が食べるとしたら、A5の牛肉は選ばない」と口々に言う。

「赤身肉」というキーワードにしても、いったいどんな肉が赤身肉であるかがとてもあいまいで、「これは霜降り肉じゃないか!」というものまで、「赤身」を謳っているケースが多い。

話題の「熟成肉」についても、2010年あたりから「熟成肉」の看板を出す店は増えたにもかかわらず、単に腐敗に近づいた肉を「熟成」と称して提供する店が相当数あるようだ……。

いかがだろうか? 

本書を読めば、牛肉に関する誤解が消え去り、正しい知識をぞんぶんに学べる。美味しい牛肉とはどんなものか、どこに行けば出会えるのかもすっきりと理解できるに違いない。

巻末には、筆者が厳選した「美味しい牛肉を食べられる販売店・飲食店リスト」も付いている。

本書を読み終える頃には、牛肉を食べるあなたの舌は確実に肥える。本当に美味しい牛肉だけを食べて、一生を豊かに楽しく暮らせるように成熟するのだ!!

【224ページ】
【講談社】

著者の直筆サイン入りですよ!

店頭にて絶賛販売中♪

※【COOK & DINE HAYAMA公式サイトでもオーダーできます。 こちら